2008年12月18日(木)

 クラブワールドカップ準決勝、マンチェスター・ユナイテド対ガンバ大阪。アンチ・ガンバの傾向がある私だが、試合が終わるころにはガンバに肩入れし、終わったらテレビの前で拍手してしまった。去年の浦和よりずっと得るものの大きい試合の仕方だった。
 5点取られてもまったく気落ちせずに、攻めまくっての3点には、マンUの選手もちょっと嫌だったのではないか。ファン・デル・サールは、口には出さないけれど、少しプライドが傷ついたのではないか。
 コーナーキックからの2失点は、どちらも世界との大きな隔たりを感じさせる、防ぎようのない失点だった。まるでディフェンダーなんていないかのように点を取られた。ルーニーの最初の得点もしかり。ガンバがあれだけパスを展開できたのも、マンUが全力でプレスを掛けてきたわけではないからだ。
 そういったことはわかっていても、このゲームはよかった。パチューカがアルアハリを逆転で破ったように、サッカー的な奇蹟がひょっとしたら用意されるかもしれない地点へ、少し近づいた内容だった。もう一回マンUとガンバが対戦することになったら、マンUは今度は叩きのめしてやろうと、きょうよりはもっと真剣に臨んでくるだろうと思わせるような、試合だった。
 パチューカ対ガンバは、とてもよく似たパス回し主体の超攻撃的サッカー同士だから、面白い試合になるかもしれない。もっとも、メヒコのチームはもう気が抜けて集中力を欠いているかもしれないけれど。
[PR]