2009年1月24日(土)

  ◆右傾化十年◆
 一九九九年の日記に、私は次のような内容のことを書いている。
「一九九九年は日本の右傾化元年だと記憶することにしている。右傾化とは、国歌国旗法や通信傍受法を成立させガイドライン改訂を行うといった出来事だけではなく、自己を何か曖昧で集団的なものに委ねることが本格的に始まった動きを指す。オウム真理教の代わりに、誰もが納得でき言い訳の立つものに帰依しようとしている。そして政治がそれにお墨付きを与える」
 当時の私は、「何か曖昧で集団的なもの」が「日本」であり、ナショナリズムが沸騰して全体主義的な暴走を始めることを危惧していた。
 けれど、右傾化十年目を迎える今の社会を見渡せば、日本社会がいかに壊れているかばかりが目立ち、国に「誇り」を持つどころではない。
 今から思えば、十年前に起こっていたのは、「国権の発揚」だったのだろう。それまでの主権在民を尊重する姿勢をかなぐり捨て、国家が権力をあからさまに振るい始めたのだ。九〇年代の停滞を一気に変えてくれるかもしれないと期待して、小渕政権や小泉政権に帰依した結果、国民は国の経済に奉仕する奴隷と見なされた。「日本」に身を委ねれば委ねるほど、隷属させられ、搾り取られ、使えなくなれば捨てられる。
 この状況を一気に打開してくれるカリスマを求めるような真似はもうやめにして、来年(2009年のこと)こそは自分たちで変える意思を持とうではないか。この十年をさらに悪い形で繰り返さないためにも。
(東京新聞 2008年12月26日付夕刊1面「放射線」)

[PR]
by hoshinotjp | 2009-01-24 13:17 | 政治