2009年3月3日(火)

 民主党・小沢一郎代表の秘書が逮捕された。詳細はわからないが、このタイミング(給付金案の再可決、総選挙間近)での逮捕には、素人の私でさえ政治臭をぷんぷん嗅ぐことができる。これは、与党主導による国策捜査的なニュアンスがかなり強いのではないか。自民党はかつてもこの手法で、飛ぶ鳥を落とす勢いだった社民党の辻元清美代議士を叩き落とした、と私は思っている。
 ただ、小沢一郎氏は首相としてはどうなのか、私は疑問に思ってきた。健康問題もあるし、突然キレて放り出す癖もあるし、どうもイエスマンに囲まれすぎて外が見えていないようなところがあるし。自民党に代わる党が民主党であるなら、このタイミングで党首が交代するのも悪くはないのかもしれない。私は岡田元代表の復帰が望ましく思う。スタンドプレー好きの前原氏はいやだ。

 ところで、このところの鳩山邦夫人気には首を傾げざるを得ない。確かに、かんぽの宿をめぐる問題への態度は正しいと思う。中央郵便局の建物の存否も、何でも壊して再開発という、新自由主義的な発想はもう破綻しているのだから、考え直すのもありだろう。
 ただ、一連の鳩山邦夫総務大臣の言動を見ていると、はっきりした傾向があって、それは、民営化された郵政をできるだけ旧に復そう、という態度である。さらに言えば、世の中を小泉改革以前の姿に戻す、という指向である。それは、小泉改革がおかしかったからではなく、鳩山邦夫氏にとっては、代々鳩山家が作り上げてきた古きよき自民党政治を小泉氏が破壊したからであって、要するに、祖父ちゃん曾祖父ちゃん父ちゃんそれに俺たちが作ってきた現体制の世の中に一本たりとも指を触れることはまかりならん、と言っているようにすら私には思えるのである。だから、官僚政治が大好きで、公務員は大事な友だちで、同じ指向の麻生首相や福田前首相と仲がよい。
 小泉改革とは、古い既得権益層をぶっ壊し、新しい既得権益層に利権を引き渡す政治だった。それで、古い既得権益層の代表のような麻生首相や鳩山邦夫大臣が、小泉体制の破綻した今、揺り戻しを官僚と一緒になって行っているわけである。私から見ればどっちもどっちである。いずれにしても、利権が世の一般の人々に還元されることはない。だが、特に今、政治に求められているのは、集中した利権の再分配ではないのか? 麻生首相と大して変わらない鳩山邦夫氏のような人間の唱える世は、下々は名門に黙ってついてこればよいのだという、究極の身分社会でしかない。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-03-03 23:30 | 政治