2009年4月24日(金)

 経済危機のさなかのG7に酩酊して臨み譫妄状態で記者会見に出席した大臣を見てしまった後では、大物タレントが酔って裸で深夜の人気のない公園で誰にからむでもなく一人叫んで逮捕されても、びっくりはしても、唖然とはしない。むしろ、その人を最低呼ばわりする大臣がいることのほうに、唖然とする。彼は、「かんぽの宿」問題で手柄を立てたのに味をしめて、とにかく上から目線で誰かを叱りつけるのが大臣の仕事だと勘違いしているのではないか。さすがにその後、自分の言動が批判を浴びて撤回したようだが。首相と同様のタイプの放言癖を持った政治家である。
 酩酊したタレントは、自分のイメージは傷つけても、行為そのものが他人を傷つけてはいない。何しろ、酔って裸になる男はちまたでありふれており、もっと迷惑な裸酩酊男はたくさんいる。
 それにしても、逮捕はともかく、なぜ家宅捜索までされたのだろう? 酔っただけで家にガサ入れされたら、たまったもんじゃない。職権乱用では? 薬物所持を疑ったのだろうか。だとしても、尿検査では検出されていないのに家宅捜索はやりすぎである。

 あまりにも直前のお知らせになってしまったが、私が去年見て救われた岡村淳さんの「あもーる あもれいら 第2部 勝つ子負ける子」が、明日、下高井戸シネマで行われる「優れたドキュメンタリー映画を観る会」で、午前10時30分より上映される。詳細はこちら。29日にはレイトショーで「40年目のビデオレター アマゾン編」も上映される。いずれも岡村さんのトーク付き。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-04-24 22:41 | 社会