2009年4月28日(火)

 新型インフルエンザ、かつてメキシコに住んでいた私は、メキシコに友達が何人かいるので若干心配である。それにしても、このような形でメキシコが注目を浴びてしまって、とても残念だ……。
 名称については、昨日までは、感染源はほとんどが豚だと思っていたので、「豚インフルエンザ」という呼び名も、感染源に近づくなというメッセージになるのでやむを得ないと思っていた。けれど、メキシコではどうも公表されている以上の拡大を見せているようで、つまり人から人へどんどん感染している最中とも思われるので、「新型インフルエンザ」のほうがいいような気がしてきた。豚には近づかないほうがいいのだろうけれど、豚肉を食べる分には(生でなければ)大丈夫のはずなので、いたずらに風評被害が広がるのを防ぐためには、「豚」の名を外してもいいと思う。そういう理由で、ヨーロッパでは「新型インフルエンザ」に変えたという。私は今日もチャンプルーを作っておいしく豚をいただいた。
 注意を怠らず、万一に備えることは重要である。けれども、いたずらに不安をあおる傾向がどうも最近の日本社会では強いので、必要以上にメディアに振り回されないことも重要である。流行る前からパニックを起こしてしまったら、本当に流行し始めたとき、逆に悲劇的なことが起こるだろう。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-04-28 23:32 | 社会