2009年5月1日(金)

 やはりインフルエンザ報道にかなり違和感を抱く。おかしい。どう考えてもおかしい。空港で熱があったからといって、一般の人がまるで犯罪者のように覆われ、写真を撮られて普通の新聞の一面トップに載せられたり、テレビカメラに撮られてテレビで報道されたりするなんて、どうあっても許されることではない。空港で隔離された女性も、横浜の高校生も、新型インフルエンザには感染していなかった。だが、陰性だとはっきりするまでに、メディアはどれだけ当事者や関係者をさらし者にし、危機感と恐怖をあおったことか。これでは北朝鮮のミサイル騒動で「ミサイル発射」を誤認して大騒ぎしたのと、まったく同じじゃないか。この騒ぎを異常だと感じない社会が異常だ。
 どこのニュースを見てもインフルエンザ一色で、頭がおかしくなりそうだ。だが、ペストやエボラ熱などが上陸したわけではないのだ。もう少し普通に報道できないのか。今回は特に、ちまたの人々よりも、報道だけが突出してとち狂っている印象を持つ。今年は報道に失望することが相次ぎ、もはやテレビのニュースはほとんど見ず、購読している東京新聞とオンラインニュースを少し見る程度だが、今は新聞さえ見たくない。血まなこで鼻息荒く「落ち着いて対処してください」とのたまう大臣やキャスターや記者を見たり読んだりしていると、今の社会では正常でいることのほうが難しいとつくづく感じる。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-05-01 23:07 | 社会