2009年5月19日(火)

 舛添厚生労働大臣は、新型インフルエンザは弱毒性という報告があったので柔軟な対応を検討する、と表明したが、何をいまさら、である。さんざん見当違いなスタンドプレーを続けておいて、ただカネを無駄遣いし、社会を混乱させただけではないのか?
 鎖国してるわけでもなし、新型インフルエンザが拡大するのは時間の問題で避けられなかったと思うので、現状が異常事態だとは思わない。政府がどうあがいても、こうなるのは仕方ない。誰の責任でもない。
 それを承知であえて言えば、あそこまで過剰な水際作戦をして人とカネをつぎ込み、大げさに危機をあおり立て、社会に混乱をもたらしておきながら、水際作戦で漏れたケースを想定もせずに気づいたらすでに感染は拡大していた、というのは、明らかな失政ではないのか? 自分たちが冷静さを失って、ありうべきケースの検討を怠り、現状を正確に把握できなかったのだから、担当能力に欠けていたと言うほかあるまい。感染が拡大したのは政府のせいではないが、感染拡大を把握できなかったのは政府の責任である。このことはきちんと検証されなければならない。今の政権と官庁は、何が現状にとって必要な情報なのかを判断する能力が、いちじるしく欠如している。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-05-19 16:24 | 政治