2009年6月13日(土)

 鳩山邦夫総務大臣の辞任(罷免)、世間では勇ましいことのように評価されているようだが、私はまったくそう思わない。
 鳩山大臣は子どものころから切手収集が趣味で、兄・由起夫とともに、中央郵便局へ切手を買いに行くのが楽しみのひとつだったという。郵政という制度や郵便局の建物をしきりに昔のまま保存したがる心性には、その強い愛着もあるだろう。以前にもこの日記で書いたが、鳩山邦夫代議士は、じいちゃん(鳩山一郎)の作った政治は立派なものなんだから下々が勝手に手をつけるな、変えることまかりならん、そんな輩から政治を守るのが俺の役目だ、とでもいうような、風紀委員気取りの政治家だと私は思う。だから、とにかく旧来の体制を変えたがらない。そして、何様だと思うような上から目線で、叱りつける。こういうのを「信念」だとか「正義」と呼べるのだろうか。今回は、たまたま相手がかんぽの宿問題の責任もとらない西川社長という、誰が見ても理のない「悪者」だったから、世は支持してくれているだけのことだ。
 報道によると、「もともと郵政民営化には反対だった」と公言した麻生首相は当初、西川社長を替えるつもりで、鳩山大臣に命じ、指名委員会へ新人事案を実現するよう働きかけていたという。だが、小泉・竹中コンビが逆襲、各委員を説得、指名委員会は西川社長続投を決めた、というのが経緯のようだ。
 むろん、それを拒む権限は総務大臣にある。だが、総務大臣はそれを実現するための政治で政敵に負けたとも言える。麻生首相ともども、政治力を欠いていたせいだとも言えるのである。両者とも、俺が口で言えば誰かがやってくれる、という坊ちゃん体質がしみついていたのではないか。
 邦夫氏が自分の思い通り行かないとむくれるのは昔からで、いったんは自民党を出て新進党に加わり、さらに離れて兄と民主党を結党したのに、民主党のリベラルな体質が肌に合わずに浮いてしまうと、さっさと抜けて自民党に戻り、同じ「保守本流」の子孫である麻生首相と組み、しかしまた自分の言い分が通らなくなると「自民党抜けるかも」と言って兄との連携を示唆する。一貫した信念の人のとる行動だろうか? 一貫していることがあるとしたら、「じいちゃんの作った保守本流を立て直す」ということぐらいで、一般人の生活ための政治とは遠く離れている。
 今後は、民主党入りするのかどうかが焦点となる。麻生内閣誕生の中心だった邦夫を、すぐに民主党入りさせたら、鳩山兄弟による公党の私物化と批判されるのはあたりまえだろう。さすがに党首以外の党員が拒むと思うが、もし手を組むようなことがあればそんな政党は解体したほうがいいと私は思う。
 有権者も、あえて罷免を選び涙を見せて「正義はまかり通らない」と口にするようなスタンドプレーに引っかからず(あれは演技でイエローカードだ)、これまでの言動の総体で政治家を評価すべきだ。さもないと、小泉首相の郵政選挙のときのように、その場の絶叫に簡単にだまされてしまうこととなろう。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-06-13 12:43 | 政治