2009年6月16日(火)

 郵政民営化が妥当かどうかとか、西川社長は続投すべきかどうかといった問題とは別に、鳩山邦夫氏の言動を見ていると、この人はつくづく信用できない政治家だという思いばかりが募る。
 鳩山邦夫氏は、麻生首相が当初は西川社長を替えるつもりだったことを示す証拠として、麻生首相から新人事案を書いた手紙をもらったことを公表した。これは、前回の日記に書いたとおり、すでに報道されている話ではある。ただ、記者団の前で公言するのをテレビで見て、邦夫氏が法務大臣時代に「友人の友人がアルカイダでバリ島のテロ事件にも関与したと聞いた」といった話をして、法務大臣の発言としてどうなのかと批判を浴びたときと同じだなと、私は感じた。政治家の発言としては、あまりに軽々しすぎる。自分を正当化するためなら、平気で舞台裏の情報もばらしてしまうんだな、と思ってしまう。これでは、誰ともまともな交渉はできない。
 一方でこのような報道もある。麻生首相が示した、西川社長に代わる人事案を、総務省の幹部にそのまま渡して対処を任せたというのだ。総務大臣の権限と政治生命を賭けるほどなら、社長交代を実現するよう、なぜ自分でもっと骨を折らなかったのか? 政治力がないどころか、他人任せすぎやしないか。だから小泉元首相らにあっさりと覆されてしまうのだ。
 政治家としてすべき努力もさして行わず、その上で自分の意に沿わない結果になったら、認めないと言い張る。そして他人のせいにする。ただのわがままな若旦那ではないか。私の目には、麻生首相と同じぐらい、軽薄な政治家に見える。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-06-16 20:57 | 政治