2009年6月24日(水)

 政治家の与謝野馨氏と渡辺喜美氏が、それぞれ迂回献金を受け取っていた件が発覚。西松建設事件のときに誰もが思ったであろう、この程度の脱法行為なら自民・民主問わず、どの政治家も多かれ少なかれやっているだろう、という感想が、現実に表面化しただけのことだ。全部一律で秘書を逮捕すればいい。そして総選挙までにすべての議員の迂回献金を洗い出せばいい。そこまでしたら、東京地検特捜部も評価を得られるだろう。
 東国原・宮崎県知事は国会議員になりたくて仕方がないらしいが、あれだけのことを言って知事になりながら、一期目でもう二度も国政への意欲を示すとは、ずいぶん飽きっぽくて不真面目な人だなあという印象を与える。がんばるときはすごくがんばるが、飽きたらちゃらちゃらしているのだろう。
 問題は、そういう不真面目で人を舐めたような政治家でも、何かしら目立ったり元気がよかったりタレントだったりすると、有権者はその人になだれを打って投票してしまうことだ。どこかのアンケートで、首相にしたい人ナンバーワンが舛添厚労大臣になったというのも、私は首をかしげざるを得ない。そりゃあ、首相の近くに並べば、誰だってたいていはやり手に見えるというのはあるかもしれないが、だからといって、どうも叱るポーズばかりできちんと官僚を掌握もしていなければ、むしろうまく乗せられていて、忙しくしているわりにはきちんとした成果は上げていないこの大臣を首相にしたら、私たちはまた誤った選択をしたことになるんじゃないか、という気がする。
 そうやって、自分たちが軽薄な人気投票みたいな態度で、政治家を支持したり投票したりしておきながら、無能な首相が誕生すると、まるで被害者のように怒っているのは、どうなのか。選んだのは自分たちだ。この四年間の無力無能な内閣たらい回しも、郵政解散選挙などというおためごかしに引っかかった自分たちにも責任の一端はあるのだ。その反省をしないと、また引っかかって、自分たちが泣きを見ることになる。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-06-24 17:43 | 政治