2009年7月16日(木)

 自民党は何のために存在しているのだろう?
 麻生首相では総選挙は戦えない、というのはまったくそうだろうとは思う。でも、だったらなぜ1年前、総裁選でこの人を自民党総裁に選んだのか? 麻生太郎という政治家が、首相になったとたん無能へと豹変したわけではない。この人にできることできないこと、どんな人物でどんな政治的判断を下しうるのか、もう何十年も一緒にやってきたのだから、わかっていたはずである。
 にもかかわらず自民党員は総裁に選んだので、私は冗談のように感じた。なぜなら、麻生首相は「選挙の顔」として選ばれたのだから。あのときは麻生太郎なら総選挙に有利だと判断されたのだ。つまり、首相として日本という国家と国民のためにどんな政治をするか、ということなど不問に付されて、選ばれたのだ。そして1年後、麻生降ろしをしたり、都議選惨敗の責任を、などと突き上げたりしている。では、麻生総裁を総裁選で選んだ自民党議員や党員たちの責任は?と問いたい。あまりに安易に総裁を選んだツケが自分たちに回ってきているだけではないか。
 自分の行動の責任とは何なのだろう? 誰一人まともに責任を取らない政権与党が、今の自民公明ではないか。これはつまり政党ではない。誰かも言っていたが、森喜朗首相の時点で崩壊は始まり、小泉純一郎がその崩壊を覆い隠し、でも影では急速に崩壊し、今に至る。
 私は民主党も信用していない。大勝したら、今の自民党のようになるのではないかと思っている。ただ、自民党と違うのは、まだ政権についておらず、権力を掌握していないので、比較すれば「まだ堕落しきってはいない」。それだけのことなのに、政権交代を熱望されて、大勝しそうなムードがあるのは、自民党がもはや存在していないがためと、世が熱狂に流されやすいためとだろう。
 政権選択というが、これは本当には選択ではない。自民党が存在していない以上、選択肢がないのだから。
[PR]
by hoshinotjp | 2009-07-16 17:58 | 政治