2010年11月18日(木)

 それにしても柳田発言にはまるで自民党時代みたいだと空しさを感じている人が多いことだろう。あの手の空虚な失言で大臣が辞めるということを繰り返し、政治が機能しない状態に愛想を尽かした、ということも政権交代を有権者が望んだ理由の一つだったはず。わずか1年ちょっとで同じような事態を目にするとは。
 そもそも、なぜこんな人間が大臣に任命されたのかわからない。鳩山内閣はそれでもまだ大臣の顔ぶれに期待を抱ける要素があった。その人たちが期待にかなう仕事をできなかったことが失望の原因ではあったが、閣僚によっては、期待にかなうのにはあまりに時間が足りなかったという側面もあった。
 だが、今の内閣は、そもそもこの人がなぜこの閣僚をしているのかよくわからない、という、発足時から期待の持てない雰囲気があった。人選に小沢氏のアンチかシンパかという人事的理由が色濃く出ていたのも、鳩山内閣発足時の、適材適所を優先した人選からはほど遠いやり方だ(鳩山内閣がいいというのではなく、民主党政権の存在理由はそこにあった、という意味)。烏合の衆の政党は、結局はこうなるしかないのだろう。解散総選挙は近いと思う。もううんざり。選択肢は皆無。政治に対してどんなスタンスを取ればよいのか、途方に暮れる。こういうときは「ビルマVJ」を思い出して、虚無に陥ることが最悪の事態を招くのだ、と自分に言い聞かせる。
 加えて、こんな発言ばかりがニュースとなって、肝心の法案の内容などがメディアの報道から漏れていく事態に、さらに空しくなる。こんな国会をしている議員たち(与党も野党も)の異常さを断罪し、メディアが国会に代わって政策の問題点を論じるぐらいしてもいいのではないか。
 民主制の自死が近づいている。これを終わらせたら、苦しむのは有権者及びこの社会に暮らす住民全員である。淡々と、自分にできることをしようと思う。
[PR]
by hoshinotjp | 2010-11-18 23:31 | 政治