2011年1月11日(火)

 今年の目標。
●大長篇に取り組む。そのために必要なことを、何よりも優先する。
●第2回路上文学賞を実現する。
●ホームレス・フットサルの日本代表「野武士ジャパン」を応援する。今年夏には、ホームレスワールドカップ・パリ大会が開かれ、出場を目指しているので、応援も力を入れていく。
●些細な迷惑など許容し合うラテン系の社会作りを目指す(つまり、人にちょっとした迷惑をかけることなんて気にしないで生活する、ってこと。ただし、自分もちょっとした迷惑をかけられても大らかでいるべし)。

 上記のうち、大長篇には昨年後半から取りかかっているのだが、のっけからつまづいて停滞中。その打開が当面の目標である。
 第2回路上文学賞の打ち合わせも、すでに今年に入って行った。いろいろな困難はあるが、楽しいから何が何でも実現させる。
 そして、ホームレスサッカー「野武士ジャパン」の初練習が、昨日(1月10日)、四谷ひろばで行われた。昨年の夏から、私もときおり練習に顔を出すようになったのだが、確実に上達はしている。でも上達って、同じペースでうまくなるわけではなく、停滞と急上昇を繰り返すもので、昨日見た感じでは少し停滞しているところかな、と思った。
 野武士のプロジェクトを支えるビッグイシューのスタッフやボランティアのコーチ陣は大変感じのよい人たちばかりで、じつに個性的な野武士のメンバーたちとのボケと突っ込みも可笑しく、集まってフットサルをしていること自体が楽しい。が、今年の目標はパリ大会である。本番である。ゆるさは失わず、しかし馴れ合わずに関わっていきたい。
 パリ大会へ向けては、大阪でもビッグイシューの販売者たちによるホームレスフットサルチームが練習を行っており、今後もいくつかホームレスフットサルチームが作られていく模様。代表である「野武士ジャパン」のメンバーに選ばれるのは、そのうちから8名。厳しい選抜が5月ごろに待っている。私もサポーターとして、その様子をレポートしていきたい。
[PR]
by hoshinotjp | 2011-01-11 13:40 | 身辺雑記