2006年11月28日(火)雨

 昨日、今日の雨で、紅葉した葉がたくさん落ちて地面にべったり貼りついている。
 どうもブログで書くと自分の文章という気がしないのはなぜだろうか。やはりもとの形式の日記に戻すかもしれない。
 自民党の復党のニュースにうんざり。なぜこんな一組織の内部事情のニュースを延々と見聞きせねばならないのか。郵政民営化解散といって選挙をしたのだから、次の選挙まではその体制でいくのが筋だろう。復党させるなら選挙をして有権者の意を聞くべきだ。そういうことを主張しているメディアが少なくて、復党の条件のことばかり報じている。各メディアが自民党の一機関にさえ見えてくる。参議院自民党も、「さっさと決めないから、復党反対の世論を煽った」と中川幹事長を批判しているが、世論が気づかないうちに復党させるべきだったと公然と言っているようなものだ。郵政民営化解散で盛りあがった有権者は、怒るべきである。私は、郵政民営化解散などということ自体が成立しないと思うけれど。
 こういうゴタゴタが安倍内閣支持率を下げる原因の一つ、と分析している人が多い。関係なくはないと思うけれど、私が思うに、「期待はずれだ」と思っていた有権者たちの「期待」の内容は、安倍首相にもっと毅然とした態度を取ってほしかった、ということではないか。つまり、例えば外交なら、中国や韓国の首脳と会談して曖昧に譲歩するのではなく、強い態度で臨んでほしい、ということではないか。核武装論議についても同様だろう。「有権者は劇場型政治が恋しいのではないか」という支持率低下についての御厨貴のコメントに同感である。何でもいいから、ビシッと言って、自分たちをスカッとさせてほしいのだろう。
[PR]
by hoshinotjp | 2006-11-28 23:36 | 政治