2007年1月27日(土)

 卒論を読むために連日大学通い。今年は去年の倍ぐらい読むので、余裕を持って取りかかったつもりだったが、予想を超える力作が多く、早くも見通しが厳しくなっている。時間との闘い、マラソンをしている気分。じつは成績つけも終わっていない……。メールの返事等も書けずにいる。
 ブラジル在住の記録映像作家、岡村淳さんが、いくつもドキュメンタリーに記録されている在野の植物学者・橋本悟郎さんの貴重な資料群が、NHKの求めに応じて貸し出されたまま戻らず、他へ横流しされていたという事件について、NHK会長に公開質問状を送っています。岡村さん自身、『60年目の東京物語』を始めとする自作ドキュメンタリーが橋田ドラマ『ハルとナツ』に無断で盗用されたまま謝罪も説明もない、という事件を追及中で、これら二つの事件のこれまでの経緯と問題の本質を説明している報告文「緊急報告 NHK「ハルとナツ」の疑惑 その1」と同じく「その2」も、アップロードされたので、詳細を知りたい人、この件をおさらいしたい人はぜひ読んでください。
「納豆ダイエット」捏造のように、表面化すれば会社の存続に関わるような巨大な倫理の逸脱は、社会的に大きな現象にならないだけであって、他にもまだまだ起こっているのです。相手が日本には居住していない、フリーの一映像作家であるがゆえに、現象化することを力業で押さえ込んでいるような状態です。カネをめぐるNHK幹部らの不祥事も許せませんが、私はこのような個々人の言論や表現を尊重せずに収奪する体質や、政治権力に対してどんどん媚びるようになっている体質のほうが、NHKにとってより問題だと感じています。
[PR]
by hoshinotjp | 2007-01-27 22:08 | 社会