2007年7月3日(火)

 久間防衛相の辞任により、安倍内閣は発足から1年以内に2人の閣僚が辞任、1人が自殺した。これに柳沢大臣を含め、4人が窮地に追い込まれ、いずれも安倍首相は「問題ない」とかばった結果、世論の支持を失っている。
 何だか虚しい。子どもの学力低下が言われているが、政治家の能力がまず低下していると思う。候補者の言葉を聞いていても、口を衝いて出るのは紋切り型ばかりで、なぜ議員になろうとしているのか、政治家になって何をしたいのか、わからないことが多い。当然である。知名度のある人間だからか、二世や三世や四世だから自動的に継いでいるか、そのどちらであることが大半だからだ。政治家になる動機などないのだ。動機がないから、人に訴える言葉も持てないのだ。「政治家」になりたいだけであって、国家や社会のために必要なことを考えるわけでもないから、勉強もしない。ただひたすら、自分が手にしている既得権益を守るためにだけ、権力を使う。
 選挙に行っても、候補者のレベルが下がっているから、最低限の信頼をして投票したいと思える候補者がいない。それでも私は主権を失わないために投票に行くけれど。
 保阪正康氏の「六〇年安保闘争の真実」(中公文庫)を読んでいると、笑ってしまうほど、安倍内閣は岸内閣と似ている部分がある。当時、岸首相は世の中を舐めていたため、安保の改定のみならず、自分の通したい法案についてはとにかく強行採決を図って突破しようとしていた。ちまたの人々や同じ自民党内のライバルの神経を逆撫でしていることを理解せず、人の気持ちのわからない言動をしては、強烈な反発を食らって問題をこじらせていく。その集大成が、安保改定だったのだ。
[PR]
by hoshinotjp | 2007-07-03 23:56 | 政治