2008年4月22日(火)

 光市の母子殺人事件の判決、何だかとても後味が悪い。「死刑」が「私刑」に見えてくる。普通に裁判が行われた結果、極刑となるのであれば、それは尊重すべきだと思う。けれど、この判決は、「普通に裁判が行われた結果」なのだろうか? 弁護団のやり方にも非常に納得がいかないが、事実を明らかにすることよりも被告を葬り去ることに熱狂した世論にも、嫌悪を覚える。少なくとも、この事件の審理は、高裁での再審が始まるまではこんなふうじゃなかった。
 事件の内容を思えば、被告に極刑はありえるだろう。けれど、まるで何かの憂さを晴らすかのように、やみくもに焼き討ちするかのように、当事者ではない者たちが被告を死刑にしろと要求したさまは、とても法治国家の姿とは思えなかった。今、この社会で陰に日向に日々繰り返されているさまざまなバッシングやいじめのひとつにしか見えなかった。
 私はこれまで、死刑の存在を否定しきれないでいた。必要悪だと思ってきた。けれど、今の日本社会のように、世論の要求に押されて死刑判決を乱発し、現法務大臣のごとく大量に死刑を執行していくとなると、極刑が死刑であっていいのか、という気分になってくる。死刑は抑止のはずだったのに、社会の鬱憤を晴らす行為へと変わり果てている。犯罪を犯した者たちと同じようなメンタリティが、死刑判決を要求している。
 現に今日、光市事件の判決報道の陰で、それを裏づけるようなニュースがあった。タクシー運転手を殺害した21歳の自衛官が、「人を殺して死刑になりたかった」と供述しているというのだ。このフレーズを、最近の殺人事件で何度目にしたことか。死刑はもはや凶悪犯罪の抑止になっていない。これだけははっきりしている。そして、抑止という観点を持たないならば、死刑は存在意義を失ったも同然だ。ただの合法的な報復と人殺しに過ぎない。
 匿名の集団的熱狂が力任せに暴力を要求するような社会である以上、極刑という抑止のあり方、更生へ導けるあり方を考え直す必要がある。そしてより重要なことは、なぜ、匿名の集団的熱狂が必要なのか、その集団が暴力に飢えているのか、そのことを考えることだ。私が思うに、それは凶悪犯罪と同根なのだから。
[PR]
by hoshinotjp | 2008-04-22 23:37 | 社会