2008年9月24日(水)

 麻生内閣発足。顔ぶれを見て、「なんだ、『総理大臣ごっこ』か」と思った。お坊ちゃんたちが「俺、総理大臣だぜ。おまえ、財務大臣ね。本物だよ、本物」などと、はしゃいでいるのだ。「世間知らず内閣」とでも名づけようか。どうせなら、親友の安倍晋三議員も仲間に入れてあげればよかったのに。農水大臣かなんかで。
 今、日本で最も世の事情がわかっていない人を集めたら、この内閣ができるのではないか。どうせ世間なんかわからなくても、何も困らない人たち。
 各省庁の官僚たちは、ほっとしただろう。一部を除き、官僚のやることにとても理解のある大臣たちばかりで。仲よく「使って」欲しいと、安堵していることだろう。
 それにしても、福田前首相が辞意を表明したときから、こうなることは自民党内でほぼ決まっていたシナリオだったのに、「さあ、結果はどうなるんでしょう? 請うご期待」とばかりに、連日欠かさず総裁選を報道してきた報道機関は、何を考えているのだろう? 言論の自由を自分で放棄しているとしか思えない。出来レースの選挙(しかも単なる一団体の組織内部の選挙)を毎日こと細かに見せられ、その紙面・番組にお金を払うなんて、じつに馬鹿馬鹿しかった。シナリオどおりなんだから、結果だけの報道で充分ではなかったのか?
[PR]
by hoshinotjp | 2008-09-24 23:08 | 政治