2008年9月26日(金)

 納豆に続いて、今度はバナナだそうだ。ダイエットできる食べ物として客が殺到、品切れの店もあるという。森公美子が朝バナナダイエットでこんなに痩せた、バナナならまるで苦痛にならないというその番組を、チャンネルを替えているときに私もたまたま目にした。翌日スーパーで、すっからかんになったバナナ売り場を目にして、あきれる。
 人々がこうだから、政治に騙されるんじゃないのか? 苦い記憶だとか、失敗したときの教訓だとか、そういう安全装置がなぜ働かないのか。政権を放り出す首相が二回続いているのと、このような消費行動を繰り返す「庶民」とが、私にはダブって見える。
 一度の失敗は仕方がない。許容されるべきだろう。けれど、二度、三度と繰り返すのであれば、これは当人に問題がある。オシムもそう語っていた。
 麻生首相およびその内閣の閣僚がこれまでしてきたこと、態度、姿勢を思い出せば、誰のために政治をしているのか、一目瞭然だと思う。世襲の貴族仲間を重視するあまり、何でもいいから大臣になってもらったりしているのだ。鳩山邦夫議員は、法務大臣を断った結果、なぜだか総務大臣に就任した。そして、増田前大臣との引き継ぎで平然と、「自分はこの分野は素人だ」と放言した。そういった人が官僚を「使える」と思うのか? 生活に苦しむ人の観点で政治を行うと思うのか? 景気対策のために金をばらまいてやると言われれば、有権者はそれで気が済むのか?
 中山国交相も暴言を連発。この人はどの省庁のトップになっても、その役所の本当に大切な政策課題よりも、「市民派つぶし」しか頭にないらしい。成田空港の反対住民に対しては「ゴネ得」「公のためには自分を犠牲にする公共精神がないせいだ」。これでは、北京五輪のために住民の家屋を強制的につぶしまくった中国政府のメンタリティと変わらない。「公」とは、住民ではなく、「国家」「政府」だと思っているらしい。「オカミの決めたことにごちゃごちゃ文句を言う戦後教育はけしからん」ということのようだ。大分県教委の不正問題も、「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力が低い」などと述べているが、私は、「自民党の子どもは成績が悪くても政治家になる。だから自民党の能力は低い」と言いたい。
 これほど、自分たちの権益のことしか頭にない面々がそろった内閣なのに、各種の世論調査では支持率が5割近く。有権者は自ら、騙されに行っているとしか思えない。
 強大な権力を委ねる相手なんだから、もうちょっときちんと人物調査をしてから、支持・不支持を決めてほしいものだ。さもないと、有権者はいいカモの群れになる。

 その後、中山大臣は陳謝。しかしあの発言内容からして、国土交通省のトップとして行政を取り仕切る立場にないことは明らかだ。国土交通省の仕事を何も知らないのだから。つまり、まったく適さない人材を、首相が自分の仲間だからという理由で置いているような内閣なのだ。これがかれらの言う「国民目線」か。
 もう一点、「誤解を招くような言い方」と言うが、誰も「誤解」などしていないし、しようがない。あれは中山大臣の率直な考え方なのだから。本当に思ったことを口にしているだけなのだから。あの発言が社会で問題視されるなら、社会で問題視される不適切な考えを持つ人物が大臣になっている、ということだ。そういう内閣を、私たちは受け入れていいのだろうか?
[PR]
by hoshinotjp | 2008-09-26 11:16 | 政治