<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 京大入試のカンニングについて。
 対応の難しい問題だと思う。
 法的には、カンニングは犯罪ではないと私は思う。犯罪だとする法解釈は、強引すぎる印象がある。だから、逮捕もおかしいし、さすがに起訴はされないと思うけれど、逮捕後に被害届を出す京大以外の大学の姿勢もおかしい。私は、カンニング者が特定された時点で、警察は手を引くべきだったと感じている。その後の事情の調査は大学側に任せれば十分で、処分や手口の詳細は、大学がしかるべき時期に会見で発表すればよい。その人の情報を警察がメディアに広報するのは、どう考えても行きすぎだ。そしてだいそれた犯罪であるかのように報じるメディア。もはやバッシングと化している。であるがゆえに、カニングした人の精神的なケアも必要だが、それを逮捕の口実にするのもおかしい(そのような報道を読んだ)。
 では、特定されるまでの過程はどう判断すればよいのだろう? どの立場に立つかで、この判断がまったく違ってくる。
 発覚して公に知られた以上は、カンニングを犯した者が特定され、合格を取り消されなければならない。これができないと、カンニングはやった者勝ちとなり、入試は崩壊する。
 今回は、プロバイダが持つ個人情報があればその特定が容易となるため、大学側は警察に訴えた。私は、大学側の努力だけで今回のカンニング者を特定するのは不可能に近かったと思う。だから、プロバイダに個人情報を求めるのはやむを得なかった。そして、現状のルールでは、それは警察にしかできない。
 もちろん、警察が介入すればプロバイダが持つ個人情報が提供される、ということ自体に、疑問は大いに感じている。だから権限の歯止めが必要なのだけど、それが曖昧で、ケースバイケースの形をとりながら、前例を作る形で警察の権限が拡大しているのが現状だ。
 ネットの時代になって匿名性が格段に増している以上、その匿名性を利用した不正に対しては、その不正で被害・損失を被った側に不正を犯した者の個人情報が明かされるのは原則的にはやむをえないと、私は思っている。そのためのルールが必要だが、存在しないから、いたずらに警察を頼ることになる。その中には、そうして明かされた個人情報を、別の目的に使用するのは厳しく制限する事項も含まれるべきである。この兼ね合いが難しいことが、個人情報の取扱をめぐって混乱し続ける原因だろう。モラルを明文化しろ、と言っているようなものなのだから、解決のつく話ではない。
 一方で、今日あたりから問題視され始めているのが、「大学が入試をきちんと監督していなかったのではないか?」という点である。今回のカンニングの状況を始め、当然、検証されなければならないとは思う。
 だが、この点については、小中学校で問題化している、「教師が堕落しているのか、親がモンスター化しているのか」という議論と似たものを感じる。どちらも、間違ってはいない。どちらかに責任転嫁することはできないと思うのだ。カンニングをする側が悪い一方で、大学の意識が現代についていっておらず、対策が後手に回っているようにも感じるのだ。
 今の大学の教員は、小中学校ほどではないにしても、大学生の質の変化により、以前では考えられないほど学務に忙殺されている。親への対応を強いられる度合いも、格段に増している。大学の教員は、学生への教育を担うだけでなく、研究というのも大きな仕事である。だが、こんなに忙殺されて、まともな研究などできるのだろうか、と思わざるをえない。研究の質の低下は、日本社会の知的な蓄積の低下であり、やがてはあらゆる分野でのレベルの低下を招く。日本社会の豊かさは、この方面に負うてきたところが大きいのだから、これが低下することは、社会の劣化でしかない。入試だけでも、年に複数回行われるAO入試、推薦入試、本番の入試、それぞれに試験作成や面接実施、判定会議と、大変な労力を割かれている。大学は今では年中入試を行っている。結構限界に近い状態だと思うのだ。なので、「大学がいい加減なのであって、もっと試験監督を増やしてしっかりやれ」と言うのは、現場の実情を知らない言い分かもしれないとも思う。これもバッシングと化しそうで、嫌な気分である。
 加えて、このような不正に、「監督強化」というだけでいいのか、そのあたりも本当は疑問を感じる。それでは、テロリストがいるのだから空港での監視強化は当たり前、という議論と同じではないか。
 大学が後手に回ったと感じるのは、一般的に、日本の大学がITに弱すぎる点である。教育を見ても、学生に、これから起訴として必要なITの知識、スキル、考え方を教えることなど、まるでできていない。全般として、大学の教員のうちの権限を持っている層は、ITを理解しないどころか、敵視する傾向がある(特に文系)。一部の若い層だけが、ものすごく詳しい。この格差とアンバランスが、大学をして今回の不正をワケのわからぬ恐怖として感じさせ、パニックを起こさせた要因の一つではないか。
[PR]
by hoshinotjp | 2011-03-04 12:49 | 社会
 作家、学者、評論家、ジャーナリストといった言論人がメジャーになったときに陥る罠がある。
 言論人がメジャーになるということは、その発言を多くの人が注視していて一定の影響を受けるということであり、いわば、一人の人物が一個のメディアとなることを意味する。そして現在ではインターネットやデジタル技術を使えば、文字通り一個人がメディアとなれるわけだから、メジャーな位置にいる言論人は、小さなマスメディアである。
 誰もが個人としてそのままメディアになれる時代であるとはいえ、メジャーな言論人と、無名の一般人ではその規模が違う。メジャーな言論人は、その発言力において「マス」メディアであり、ちょっとした権力を手にしたと言える。そして、その権力性が、罠なのである。
 多くの言論人は、自身が言論活動を始めた無名な時代には、その発言が強いマイナー性を帯びていたはずだ。人の目に触れない現実や情報や考え方を、何とか人の目に触れさせようともがいただろう。無力だからこそ、言葉にしようとしたのだろう。
 罠とは、メジャーになって、自分の発言に耳を傾ける人が増えたにもかかわらず、マイナー意識をそのまま持って発言するケースである。マイナー意識にはどうしても、被害者意識に起因する攻撃性が含まれることが避けられない。顧みられないマイナーな立場の者がその存在を主張するには、ある種暴力的な力を借りないと、アピールできないからだ。その力を借りないと、依然として無視され存在はないままだからだ。だから私は、マイナーな言論に含まれるある種の攻撃性は、過剰にならない限り、やむをえないと感じている。
 だが、メジャーな位置を確保した言論人が、依然として過剰なマイナー意識にかられて、攻撃性を含んだ言葉を繰り出してたら、どうなるか? その人にはすでに、個人メディアとして発言力があり、権力がある。その人の攻撃性には、言論に耳をかたむける者を煽動するいかがわしさが生じるだけでなく、弱者を抑圧する結果になることもある。だが、自分がマイナーの側にいるという意識をいまだに持っているものだから、自分の言論の権力と抑圧性に気づかない。本人は、かつてと変わらない姿勢を続けているつもりなのに、外から見ると、「あの人は変わった。偉くなったら抑圧的になった」と映ったりする。
 さらに、言論業界の「業界人」の一員に迎えられることによって、それまで自分がその立場にいたはずのマイナーな人々から離脱してしまうケースもある。自分のメジャー性を確保し、さらにそれを拡大することが目的となってしまい、当初の、人の目に触れない現実や言葉を伝えようという目的と、入れ替ってしまう。「状況を変えるために発言する」が、「力を得ることが変えることだ」となり、得た力を失わないことにばかりかまけてしまう。その結果言論は、自分のメジャー性を見せつけ、権力を維持することに使われる。当初の意志をすっかり裏切ってしまうのである。
 こうなると、その言論がどれほど過激で影響力を持っていても、それは現状を維持することにしか加担しなくなる。言葉の見せかけはマイナーなようでいても、作りだす文脈がメジャーだからだ。言っている内容は悪くないのに、どうもあの人は信用できない、という感じを抱いたりすることがあるのも、そういうことだ。言論が本当にメジャーの暴力を打ち破り、マイナーの存在を肯定させられるようになるのは、言葉面ではなく、文脈と心根の問題なのだ。
 言論の業界にいると、そんな人をいろいろと見ることになる。それはそれで悲しいことだ。こないだの東京マラソンに喩えるなら、才能はあるのに「のうのうと飯を食っている」実業団のランナーを見るような気持ちかもしれない。言論人は、川内選手のようであり続けなければいけない。
[PR]
by hoshinotjp | 2011-03-01 11:38 | 社会