2008年12月6日(土)

 奇跡が起きた。これぞジェフ魂! Jリーグ最終節、ジェフ千葉対FC東京戦、0-2から4点取って逆転(しかも後半30分ぐらいから立て続けに)、J1残留を決める。試合は見ていないけれど(見られない)、全体的に低調だった今季Jリーグのハイライトだった。間違いなく、今年は優勝争いよりも降格争いのほうが面白かった。
 ピクシーの名古屋の優勝を望んでいたが、楢崎の離脱と経験不足から来る終盤戦の停滞は残念。Jリーグ最少失点記録を更新した大分のディフェンスは、日本のサッカーに新しい感覚を持ち込んだのではないだろうか。相手を威圧するディフェンスというだけでなく、相手の腰を引かせるカウンターがすごかった。速く鋭い。これは今の日本代表に足りない感覚。
 ところで川崎は何で2位にいるんだ? そこまでできるんだったら、もっと早くから優勝を主役として争うべきチームだ。清水もそうだけど。
 鹿島については特にコメントなし。浦和についてはさらにコメントなし。
 あとは来季、山形が残留できますように。
[PR]