ツイッター小説を始めてみました。

 ※この試みはすでに終了しました。
 昨年の秋から考え続けていた、「ツイッター小説」を思いきって始めてみることにしました。http://twitter.com/orex2 で展開中です。
 私も書きますが、読んでいる皆さんにも書いてもらう、というのが、その核心です。
 まずは私がツイッター上で導火線となる小説を書き始めます。私の新著『俺俺』の外伝という形をとっていますが、『俺俺』を読んでいなくても、わかる独立した小説です。(ちなみに、『俺俺』の冒頭5ページはこんな感じです。サイト内の「立ち読み」をクリックしてください)。
 皆さんには、適当なところで乱入して、小説を枝分かれさせていただきたいのです。つまり、私の文章の合間から、それぞれ小説を書いてみてほしいのです。
 枝分かれのさせ方は、思いつく限り、どんなやり方でも構いません。
 例えば、
・ちらっと出てきた通行人に焦点を当てて、その人の物語を書き始める。
・私が書いている主人公の、眠っている最中に見ている夢の内容を書く。
・まったく新たな登場人物を作って、私の書いている主人公を脇役とする。
・私の書いている話がいつの間にかパラレルワールドに入ってしまった作品を書く。
・私の書いているツイッター小説を読んでいる人物の物語を書く。
 などと、好き勝手でいいのです。
 これは遊びです。ですから、気楽に試してみてください。誰もケチはつけません。レベルがどうのと、気にする必要もありません。書いたことがあるかどうかの経験も関係ありません。面白そうだなと感じたり、読んでいるうちに思いついたり、空想が広がっていたり、時間つぶしに新種の遊びをしてみようかと思ったりしたら、とりあえず書いてみてください。
 私の希望としては、プロの小説家だろうがそうでなかろうが構わず入り乱れ、枝分かれした話からさらに枝分かれして、もう全体像が誰にもわからないぐらいに膨れあがれば楽しいな、と。
 とりあえず、最低限読めるように、ルールというか、仕様を考えました。参加の仕方は以下の通り。

1、まず、枝分かれさせる部分を、リツイート(RT)する。
2、続けて、自分の小説を展開する。1ツイートだけでもいいし、長く展開してもいい。
2、できれば、冒頭に続き番号を振る。
3、末尾に必ずハッシュタグ 「#orex2」をつける。「#」の前の半角空きを忘れないように。このタグを忘れると、この企画の一部としては読めなくなります。
 以下、私が自分の小説を枝分かれさせてみた例です。
c0104199_15134211.jpg


 参加者まで含めて全体を読むには、「#orex2」で検索してみてください(なお、ツイッターの不具合で、肝心の私の冒頭の書き出しが、ハッシュタグ検索では表示されません)。
 私も折に触れ、皆さんのツイート小説を読みます。そして場合によっては、枝分かれさせます。
 ともかく多くの方が参加してくれないと、成り立ちません。皆さんの関心が頼りです。ぜひ、アホな遊びにつきあってやるかという気持ちで、やっちゃってみてください。
 ぜひ、ご協力、ご参加をお待ちしています。ご意見、ご質問がありましたら、気軽にツイッター上で @hoshinot 宛てに尋ねてください(すぐにお返事できない場合も多々ありますが)。
[PR]
by hoshinotjp | 2010-07-16 12:56 | 文学