人気ブログランキング |

2008年10月16日(木)

 岡田監督、辞意表明。
 よっしゃ!
 ……何、サッカーの話じゃないの? あ~あ。

 得点力が足りないのは、今に始まったことではない。Jリーグの現状があのような弛緩したものなのに、代表だけ強くなれるはずがない。
 そういった要素を差し引いても、昨日のワールドカップ最終予選ウズベキスタン戦は、見る人の気持ちをひどく沈ませるものだった。なぜなら、日本の選手は、まるでチャリティー・マッチを行っているかのような態度だったからだ。これはワールドカップなのだ。本番なのだ。本番の試合にあのような弛緩した姿勢で臨んで、「内容は悪くなかった。悲観することはない」と言われると、観客として、馬鹿にされたような気がする。私たちはブーイングをすべきだ。
 オシム監督時代との違いは、何よりもこの、誰も助けてはくれない吹きさらしの現場の厳しさを肌で理解できているのかどうか、だと私は感じる。オシム監督は、そういう場に選手を放り出し、自分でどうにかするほかないことを、実地で学ばせようとしていた。選手も少しずつ、その意識を身につけ始めていた。だから、オシム監督のサッカーには、常に「未来」があった。今日とは違う明日がありうることを、信じることができた。
 岡田監督のサッカーの内容自体は、特に良いとも悪いとも思わない。うまく機能すれば、それなりの内容で勝つだろう。運がよければ、ワールドカップも出場できるかもしれない。にもかかわらず、毎回、何だこのしみったれたサッカーはと悪態をつき、もう我慢できないという気持ちになり、次第に代表戦への関心が薄れていくのは、岡田サッカーに「未来」を感じられないからだ。観戦すればするほど、閉塞感と停滞感でうんざりして、同点弾の場面でさえ、カタルシスを感じない。なかなか見事な得点だったにもかかわらず。勝っても負けても引き分けでも、ワールドカップ出場権を取ろうが取るまいが、何も変わらないという印象を抱かせられてしまう。日本のサッカーはもうこれ以上変わらないのだ、伸びないのだ、という行き止まり感。未知の領域には踏み込めず、今まで見て来たことの繰り返ししかない、という諦め。
 むろん、そんなことはない。選手の潜在能力は高くなっているし、層だって本当は厚くなっている。ただ、それを掘り起こして育てる人材が限られているということだ。Jリーグでも、千葉のミラー監督(今の千葉はオシム時代のように面白い!)、名古屋のストイコビッチ監督、大分のシャムスカ監督、と数少ない。
 オシムが倒れたときには、自分のいっさいの感情を封じて、岡田サッカーにつき合うしかないのだ、ワールドカップに出場できればそれでいいのだ、と言い聞かせてきたが、千葉のミラー監督を見ていて、いや、今から替えても、すぐれた人物であれば、選手の精神面を立て直すことはできると思い直した。2002年のブラジルをどん底の状態で引き受けてW杯優勝まで持っていったフェリーペ・スコラーリのような例もある。彼は磐田の監督もしていた。岡田監督しかいない、なんて思う必要はなく、目の前にいくらでも選択肢はある。
 私としては、例えば代表チームのコーチの大木氏(前の甲府の監督)に監督についてもらったほうが、まだ可能性を感じるような気がする。